スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法輪寺

法輪寺

このお寺は昔から写真に納めるのが難しいお寺で・・・。

周りに信号や看板や自販機や電柱や電線や・・・・・。
もうぐちゃぐちゃで、広角でなかなか狙えません。

ま、次に来た時はもう少し工夫してみようかとは考えていますが、どうなるやら。

法隆寺 冬2

法隆寺 冬2

以前、法隆寺を訪れて、ブログにアップしたのが7年前のこの時期。

「7年も行っていないのか!!」という驚きの「何でこの時期??」と
いう疑問が同時に頭に浮かびました。

この五重塔の前に桜が咲く季節であれば、もう少し華やかな感じも
撮れたのにと思うのですが・・・。

頑張ってサクラの時期に再訪してみますかね。
でも桜って咲くとすぐに散ってしまうので、難しいんですよね~、
タイミングを合わせるのが・・・。


法隆寺 冬

法隆寺 冬

どこかのパンフレットだかポスターだかに使われている写真をまねて
ハイ、パチリ!!

寒い冬の日だというのに結構な観光客が訪れています。
ま、私もその中の一人ですけれど・・・。

四天王寺

四天王寺

もしかしてだけど~♪ もしかしてだけど~♪♪
一週間に一度は四天王寺の写真になっちゃうんじゃないの~~♪♪♪♫♬

久々、四天王寺。

久々、四天王寺。

母親の入所している施設からの帰り道、ちょうど四天王寺の前を通ったので1枚パシャリ!!

前に通った時は既に暗かったので写真どころではなかったけれど、少し日が永くなってきて
これからは何度か撮ることになると思います。
今度はブルースカイをバックに!! ってなったらいいな~。

當麻寺_05

當麻寺_05


ZENZA BRONICA S2 + NIKKOR P 75mm/F2.8
FUJIFILM VELVIA100F


この像の意味するものがわかりません。しかも一体だけ。
一対でも無く、門を守っているような・・・いないような・・・!?


當麻寺_04

當麻寺_04


ZENZA BRONICA S2 + NIKKOR P 75mm/F2.8
FUJIFILM VELVIA100F

な~~~む~~~(南無)。

これで良し!と思った色が後で見ると良くない。何故だ!?

當麻寺_02

當麻寺_02


ZENZA BRONICA S2 + NIKKOR P 75mm/F2.8
FUJIFILM VELVIA100F

當麻寺到着です。
時期が違うのか、門前のお土産屋さんも食事処もあまり人の出入りも無く、
しっとりと落ち着いています。

お店の方には申し訳ないですが、写真を撮るものには有り難いことです。
時期が違う、季節外れ・・・がちょっと・・・という感じではありますが。


當麻寺_01

當麻寺_01


當麻寺_01


ZENZA BRONICA S2 + NIKKOR P 75mm/F2.8
FUJIFILM VELVIA100F

お寺や神社を巡るのは結構好きな方です。「どこが面白い?」と言われる方がいるのも
承知していますが、『ただ何となく・・・』としか答えることは出来ません。

今回、久しぶりにブロニカを担いで、奈良県葛城市の當麻寺に出かけてきました。
(私が子供の頃は葛城郡でした、確か。時代が変わったんですね)

プリズムファインダーを入手したので、カメラ+レンズ+プリズムファインダーで
2Kg程の超大物カメラ。最近の軽量デジカメでは考えられない鉛のような重さのカメラ
ですが、これで撮っている時は何故か本当に、そう本当に楽しい。
ええ、自己満足の世界であることは解っているんですが・・・。

現像上がりのフィルムをスキャンして、ちょっと調整・・・をするのですが、この調整が
またなかなか上手く行ってくれません。本当に自分の思う色・・・が出てこない。
ポジフィルムなのに。難しいものです。

それを思うとデジカメってほんと良く出来ていますよね、ええ。

写真は當麻寺の近くの當麻蹴速(たいまのけはや)の塚です。
當麻蹴速と野見宿禰(のみのすくね)の力比べが現在の相撲のルーツと言われている
そうですが、野見宿禰は當麻蹴速の胸を蹴ってあばら骨を折り、腰を砕いて殺しています
からねぇ~。しかもそれを天皇に褒められて當麻蹴速の領地を与えられたというのですから、
日本人もなかなかに野蛮なところがあります。

今の時代ではちょっと考えられない、ビックリさんです。


プロフィール

さぷり屋小僧

  • Author:さぷり屋小僧
  • 気の向くままに心惹かれる一枚を求めてシャッターを切っています。
    更新は非常に遅いです。すみません。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。