スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳天大神

脳天大神

脳天大神

脳天大神

<K200D + DA18-55mmF3.5-5.6AL II>

「南朝妙法堂」の横に標識がありました。『脳天神社』・・・って。
何やら気持ち惹かれる名前じゃないですか!「脳天」・・・なんじゃ、そりゃ~!!

行ってみるしかありませんよね。で、道はすぐに石段の下りに入ります。
「神様のところって、上に上るだろうに、ここは下にあるのか??」と思ったのです
が、もっと真剣に考えるべきでした。
下り始めるとすぐ、お年寄りの3人連れ(おばさん以上おばあさん以下・・・かな?)
が、階段を登ってこられました。「ここまでで、440段やな・・・。」

この言葉を聞いた時に、しっかり受け止めるべきでした。
「子供みたいに段数を数えているわ」、なんて考えて流してしまうべきでは
ありませんでした。ほんと馬鹿です。

そこから440段の階段、下って下って下って下りました。ええ、勿論下るのは
比較的楽ですよ。でもねぇ~~。

下りきったところは正に谷底。で、そこにあったのが脳天神社、3枚目の写真です。
竜神様をお祭りしてありました。何で「脳天」なのか・・・?分りません。
気になる人はネットで調べてください。お任せします。

この脳天神社、竜神様が祭られていると書きましたが、竜神様=水の神様という
ことで、水行が出来る道場があったり(写真は暗すぎて撮れていません)もするの
ですが、水子供養にお力があるのか、塔婆を流す場所とかもあったりして、女性の
為の神様、神社の色合いが濃いようです。

一応お参りを済ませて、ひと息をついたのですが、本当はここからが大変だったん
です。あのおばあさんが「440段」と言ったあの場所のまだ少し上まで登って行かな
ければならないのですから。でないと、帰れない!!

まあ、車が入れる道も脳天神社のところまであるのですが、車用なので、かなり
大きく山を迂回するコースみたいですし、とりあえずこの日の私には関係がありません。
仕方なしに階段をエッチラオッチラ登るわけですけれど、これがきついのきつくない
のって、メチャメチャきつかったです。
上って上って上って上って・・・。漸く来る時におばあちゃんが「440段やな」と言った
あのあたりに辿り着いたのですが、このあたりの階段、1段の階段がメチャメチャ大きい!
疲れている足が上手く持ち上がってくれません。もうもう、疲労度MAXです。

まあ何とか無事に登り終えたので、家に帰ることも出来ましたけれど、帰ってから、
かなりきつい筋肉痛がきました。ええ、2日後に。
あ~~~、歳だ~~~~。実感させられました。

ということで、『吉野行』の談、これにておしまいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さぷり屋小僧

  • Author:さぷり屋小僧
  • 気の向くままに心惹かれる一枚を求めてシャッターを切っています。
    更新は非常に遅いです。すみません。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。