借景の部屋

借景の部屋

K200D + DA18-55mmF3.5-5.6AL II Kyoto Oh-hara Housen-in 2008.07

この「宝泉院」は、そもそもは、お隣の「勝林院」というお寺のお坊さん達の宿舎として建てられたそう
です。でも今は、『借景で有名』とガイドブックには書いてありました。

そう、この部屋から見える景色を、柱を額縁のように見立てて見ると・・・ほら、絵に見えますよ・・・って
ことなのですが、日曜日の午後、その絵の中には観光客、観光客、観光客・・・だらけです。
「宝泉院」の方のお話では、この写真を撮ったぐらいの位置・・・この辺りから見るとお庭と額縁として
見立てる柱のバランスがちょうど良い・・・とのことですが、皆さん前へ!前へ!!

で、一生懸命写真を撮っています。庭には竹薮が少しあって・・・向こうの山が見えて・・・・・・・・。
ああ、のどかだなぁ~~って、思えるほどのものでもありません。そう、お庭自体はそれほど・・・の
ことはありません。で、あの位置でカメラを構えて・・・何を撮っているのだろう...。

前のカップル、ええ、ごっつい人たちです。カメラもでっかい!! あれはニコンですね。重たそう...。
でもあの位置からだったら柱は恐らく画角に入らない・・・ってことは、「素晴らしい!!」ってほどでも
ないお庭をバチバチやっているわけですよね。う~~ん、人それぞれとはいいますけれど・・・。

いや、本当はね、そこをどいて欲しかったんですよ。な~~がいこと動きませんからね。でも・・・私が
諦めてしまいました。あの人たちはさぞかし素晴らしい絵が撮れたんだと思います、ええ。


因みに、ちょっと斜めですけれど、お庭と額縁柱とほんの少しだけ緋毛氈(ひもうせん)、雰囲気だけ
ですが、こんな感じです。       あ~~、正面が撮りたかった!!


借景の部屋

K200D + DA18-55mmF3.5-5.6AL II Kyoto Oh-hara Housen-in 2008.07

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さぷり屋小僧

  • Author:さぷり屋小僧
  • 気の向くままに心惹かれる一枚を求めてシャッターを切っています。
    更新は非常に遅いです。すみません。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク