スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山辺の道・・・かなり北側。

山辺の道・・・かなり北側。

高畑界隈ですので、山辺の道のほぼ北端・・・ですかね、この辺りは。
この道が少し開けたところに「新薬師寺」があります。
「薬師寺」とは違い、かなり『枯れて』いますけれど...。

(Olympus E-M10 + M.14-42mm F3.5-5.6 EZ)

スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

西国街道_(23)

西国街道_(23)_1

京の都の南の端の門、羅城門。その外側には鬼が住むと言われ・・・。

日本人も本当に差別の好きな人種です。他の国も同じなのでしょうが、もし本当に
「鬼」と呼ばれるものがいたとしたら・・・それは恐らく同じ人間。悲しい話です。


西国街道_(23)_2

なんて書いているうちに到着しました。京都、東寺。
去年の夏以降のチャリ旅で、この日ほど本当に楽ちんな日はありませんでした。

西国街道_(23)_3

この後、新たな計画もありますが、どうするかは正直思案中です。

半年間、自転車で走ってみて、しみじみ思うのは、
「やっぱり自転車で走っている時は写真撮らね~~!!」ってこと。

今まで歩いて写真を撮りに出ることがほとんどだったので、どちらかというと
『線』でつながる写真を撮ることになれていたのですが、少し移動スピードが
上がっただけで『点』で撮らなければならなくなって、でもどうもそれが苦手で。

いろいろ工夫しているつもりではいるのですが、未だに自分の中でしっくりくる
回答が得られていません。
確かに便利なんですけれどね、自転車があると距離を稼げるから。
でも撮ってきた写真は何だか「記録」の域を抜け出せないようで・・・。

かと言って、点と点を結ぶ為だけに自転車を使おうとすると、本当は三脚なんかも
持ち出したいので自動車の方が便利ということになってしまうし・・・。

マイスタイル・・・もう少し掛かりそうですね、ちゃんとチャリを活用できる
ようになるには。

取り敢えず・・・『西国街道』の旅は今回にて一旦終了です。

ま、写真は明日もアップすると思いますけれど。

西国街道_(22)

西国街道_(22)_1

1ヶ月半程経って、漸く「西国街道」のチャリ旅、再開です。

と言った尻からこの後「東寺」まで、ほとんど撮りたい絵が出てきません。

西国街道_(22)_2

何の道標なのか・・・よ~わからんものも出現したり・・・。


で、何度も何度も道に迷いながら桂川です。

西国街道_(22)_3

天気が良いというのに、絵があまりにも寒い、さむい、サムイ・・・・。

だめだ、こりゃ!!

西国街道_(21)

西国街道_(21)

あまりの寒さにGive Up ・・・ ということで、ここJR長岡京駅をこの日の
最終ポイントにしました。ほんとにサミ~~っす!!

でもね、「長岡京駅」って全く知らなかったんです。
この近くに「『神足(こうたり)』っていう駅なかったっけ??」と思っていたら、
どうやら駅名変更で 神足駅 → 長岡京駅  となったようです。

もう30年ほど前になりますが、営業の仕事をしていた時はこの駅の北側を
阪急バスに乗ってお客さんの所へ通ったものでした。
今回はその道にまでも辿り着く前のGive Upですが、次回の楽しみにしましょう。

でも当時はこの駅、貨物列車の駅だとばかり思っていました。
かなり寂れていましたからね~~。 こんなに立派になって。ビックリ!!っす。


続きの「西国街道」最終偏は3月に入ってから・・・になりそうです。

西国街道_(20)

西国街道_(20)_2

西国街道_(20)_1

「お! 何だかちょっと良い感じ!!」・・・って思ったら
『神足ふれあい町屋』といって、古い家を使って所謂町おこしのようなことを
しているようです。

今の時代、日本の古い建物って「商売」に結びつけないと残していけないのかも
しれませんね、特に街中の場合は・・・。
(伊勢街道にはそのまま住まれている古い建物が結構残っていましたけれど・・・)

まあどんな形であれ、古いものも受け入れられて残っていく世の中が続いたら
いいな~とは思います。昭和生まれの人間としては・・・ね。

西国街道_(19)

西国街道_(19)

大山崎です。

天下分け目の戦い・・・と言えば、「関ヶ原の戦い」が有名ですが、
この大山崎でもそれよりも早い時代に羽柴秀吉(豊臣秀吉)と織田信長を
本能寺で討ち取った明智光秀の天下分け目の戦いが行われました。

・・・とちょっとマニアックな話題。

今はサントリーの山崎蒸留所があることで有名です。
走っているとドーン!!と山崎蒸留所の建物が目に飛び込んできます。
(この写真はほんの一部分です)

かなり昔、「一度行ってみようか」・・・という話をしていながら
結局まだ一度も見学に行っていませんね~。暖かくなったら今年は行こうかな。

にしても、この日は本当に寒くって、走っていても汗をかくことがありません。
冬なので当然なのかも知れませんが、全く身体が暖かくならないので、
ぼちぼちテンションが最底辺に到着しそうです。

この日、このあたりで、最終目的地の京都の東寺まで辿り着くのを諦めたと
思います。あと1時間強も走れば着くのはわかっているのですが、どうも・・・。

今日の終了ポイントをどこにするか!?・・・なんて考えながらこのあたりを
進んでいた記憶があります。正直疲れました。
でも、次回のスタートに便利な所で終わりたいという思いもあるので、その
妥協点がなかなか決まりません。

で、取り敢えず、「京都」に入ってから終わることにして、もう少しだけ爆走!!

今回分の「西国街道」はもう少しだけ進みます。



西国街道_(18)

西国街道_(18)

JR高槻駅の近くまで来ました。旧芥川宿の一里塚跡です。

華やかさはないのですが、結構こういうの、好きです。
家の近くにも1つ、欲しいんですけれど・・・無理か!??

西国街道_(17)

西国街道_(17)_1

大阪モノレールの豊川という駅までやってきました。

「あれ? この駅、知ってるぞ・・・」

4年ほど前になるでしょうか。ちょうど食えない時期でした。
家の醤油が切れてしまって・・・。「醤油なんかスーパーで買えば良い!!」
って思うでしょう。

でもね、子供の頃から親しんで、自分では本当においしいな、って思う醤油が
無くなると、いろんなものの味が変わってしまうんですよね。
でもその日はあいにくの日曜日で、いつも買いに行っているお店は定休日。
仕方なしにネットをくって、大阪市内から1時間以上の時間と交通費を掛けて
この豊川の近くのお店に買いに来たことがあるんですよ。

ええ、ええ、この日は祭日でしたけれど、そのお店は頑張って営業中でした。
ま、今回は醤油は買いませんでしたけれど。

自分では「あまりにも知らない所が多いな~~」なんて思っていたのですが、
こうしてみると、結構、あちらこちら、知っているではないですか!!
ちょっと不思議な感覚です。




西国街道_(17)_2

で、こちらの写真は、その酒屋さんを越えて少し走ったところにある「郡山宿の本陣」
です。ちょっと飛びぎみなのを無理矢理レタッチしましたけれど。

この郡山宿、神戸-京都の間にあった5つの宿場のちょうど真ん中ということです。
さあ、いよいよ後半戦に本格的に突入!! です。

西国街道_(16)

西国街道_(16)

『左、京、伏見へ』・・・今の文字にするとこうなります。

こう言うのってちょっとテンションが上がります。

いよいよ、京都が近くなってきました!! 西国街道。

西国街道_(15)

西国街道_(15)_1

西国街道_(15)_2

『萱野三平邸跡』・・・という史跡です。
「お、ちょっと良い感じ」・・・と写真を撮りに入ろうとしたのですが、
『ちびっ子カメラマン』とそのお付きのおっさん達がウロウロしていて
結局、中の展示物等を見ることは出来ませんでした。

ちびっ子カメラマン、見ているとほほえましいですが、
君達を中心に世界は動いているんじゃないんですよ。

ま、付き添いの大人が一番馬鹿なのだとは思いますが・・・。

次、行きます!!

プロフィール

さぷり屋小僧

  • Author:さぷり屋小僧
  • 気の向くままに心惹かれる一枚を求めてシャッターを切っています。
    更新は非常に遅いです。すみません。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。